FJI-114

健康補助食品の機能性素材として

ニンニクエキス末FJI-11

ニンニクエキス末FJI-114は、にんにくの代表的成分であるアリシンの生成能を独自の特許製法(特許第3660435号)により保持しており、健康補助食品の機能性素材として用いられています。

にんにくは、滋養・強壮その他さまざまな活性を有し、古くから広く食されてきました。しかし、独特の臭いがあるため、無臭にんにくを使用した健康食品が販売されていますが、その殆どが臭いの元であるアリシンが入っておらず、にんにく本来の効果が得られないのが現状です。

この臭いの元であり、にんにく特有の代表的な成分であるアリシンは、ビタミンB1と非常に相性がよく、アリチアミンに変化することで、ビタミンB1誘導体として働く特性を持っています。

品質管理

本来このアリシンは、非常に不安定で揮発性が高い成分のため、アリシンを配合したニンニク製剤を製品化することは難しいと云われてきました。しかし、FJI-114は生体内でアリシンを生成させるように調整しています。生体内でアリシンを生成することにより、臭いも低減しています。にんにくの臭いを気にせず、にんにく本来の活性を体感することができます。

※弊社ではアリシン生成の規格値を1.0〜1.7%と定めています。

△このページの先頭へ

Copyright(C) 2008 Fuji-Sangyo. All Rights Reserved.